Home 著書 写真集 『アジアの棚田 日本の棚田』
写真集 『アジアの棚田 日本の棚田』

写真集『アジアの棚田 日本の棚田/オリザを旅する』
アジアの棚田を撮り続けてきた青柳健二の写 真集が、2004年7月23日に平凡社から出版されました。
お求めは、全国の主要な書店か、アマゾンで。


『アジアの棚田 日本の棚田 オリザを旅する』

平凡社刊 B5変型判 112ページ
写真・文: 青柳健二
定価: 3360円(税込)

★2006年「新田舎人」第49号でインタビューと共に紹介。
★2006年8月6日「棚田学会賞」受賞。
★2006年冬号「オリンパスフォトグラフィー」でインタビューと共に紹介。
★2005年8月26日「朝日新聞」朝刊「ひと」欄で紹介。
★2004年11月「山と渓谷」で紹介。
★2004年10月「山形さくらんぼテレビ」で紹介。
★2004年9月「出版ニュース」で紹介。
★2004年9月8日「日本農業新聞」で紹介。
★2004年9月13日号「プレジデント」で紹介。
★2004年8月20日号「旅・写真」で紹介。
★2004年8月14日「産経新聞」で書評掲載。


[目次]

中国・韓国の棚田

雲南省・元江、元陽、大理、富寧
貴州省・従江、黎平、凱里
広西チワン族自治区・龍勝
韓国・南海

東南アジアの棚田

インドネシア・バリ、スラウェシ、ジャワ
ベトナム・サパ、ハノイ、フエ
ラオス・サバナケット、コーン
フィリピン・バナウエ、ボントック

日本の棚田

長崎県福島町土谷
千葉県鴨川市大山千枚田
愛知県鳳来町四谷千枚田
佐賀県相知町蕨野
佐賀県玄海町浜野浦
和歌山県清水町あらぎ島
岡山県久米南町上籾

「オリザ」とは、「稲」の学名(ラテン名)です

内容の一部をご紹介します。

002_003.jpg 010_011.jpg 012_013.jpg 020_021.jpg 022_023.jpg 042_043.jpg 052_053.jpg 056_057.jpg 058_059.jpg 068_069.jpg 076_077.jpg 080_081.jpg 084_085.jpg 086_087.jpg 088_089.jpg 094_095.jpg 100_101.jpg 102_103.jpg

本文からの抜粋です。
夏に雨が降るアジアの風土に適した稲は、それぞれの地方で独特の景観を作っている。平地の水田の整然と田植えされた稲、急斜面 の畑に植えられた陸稲、デルタの湿地帯の浮き稲、そして山間部の棚田の稲・・・。日本で「棚田」「千枚田」と呼ばれる階段状の水田を中心に、アジアの稲作地帯を訪ねた。 なお、「オリザoryza」とは、ラテン語で「稲」の学名のことである。
・・・
美しい曲線を作ろうと意識して作ったのではない。ひとりひとりの農民が自然に従い、また闘ってきたことが、畦道の曲線に結果 としてなった。棚田を見ると、人間の偉大さ、ちっぽけさ、勤勉さ、しぶとさなどが、複雑な思いとなって沸き起こってくる。自然と人間とのぎりぎりの関係、せめぎあいとでも言おうか、それが曲線に現れているような気がする。
それは人間の生理に訴える形でもある。しばらく棚田を見つめていると、人体内部の組織や細胞の形にも見えてくるのだ。体内を顕微鏡で探したら、こんな風景がどこかにあるのではないか。そんなふうに思わせる形だ。畦道の曲線は、自然とは言えないが、自然を無視した人工でもない。人間が造り上げたにもかかわらず、やはり大きな自然というものからは逃れられない、いや、むしろその自然にさからわなかったからこそ、自然界の形に似てきたということなのかもしれない。
・・・
中国雲南省で棚田に出会い、アジア各地の農村地帯を歩くようになり、とうとう日本の「棚田百選」すべてまわり、最後には山形県の棚田に辿り着いた。私の生家から車で20分のところに「棚田百選」に選ばれた朝日町椹平と山辺町大蕨棚田がある。
まわりまわって辿り着いたのが、生まれ故郷というのも不思議な縁だ。外をまわってあらためて自分の生まれ故郷を眺めると、新鮮であり、こんなに良いところだったのかと思う。
それにしても、棚田に出会わなかったら、こうして生まれ故郷の田舎を撮影することもなかったわけで、棚田はそのきっかけを作ってくれた恩人でもある。棚田を作っている人たちに、心からありがとうと言いたい。
 
Copyright © 2017 aoyagi kenji.com  Photo Gallery for the people after 100 years. All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU/GPL License.
Design by Next Level Design Lizenztyp CC